■ kimama 短歌集
  2008 「同人思春」
  2009 「天真爛漫」

■ それ以前の短歌 ↓ 2005 2006 2007
* My website YEARN
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夜間飛行


今年の短歌サイトの名前の
元になった私の作曲した曲を貼っておきます^^


Le vol de nuit! ( Night Flight! )



作曲, 演奏: Masako OKAMOTO


Copyright (C) 2009〜 copyrights.Masako OKAMOTO All Rights Reserved.


*video, 1&loop=1    
 (ループ再生)写真 (France) と共にお聴きください ♪
写真や文字は, youtube サイト画面で見ていただくとよく分かります.


 

音楽(休憩 ^^) comments(0) -
画像取替え2010年!
 
大急ぎで2009年分をまとめ

今年の画像を作り, 設定しました^^ hu~


これで


今年の短歌の置き場ができました!



今年は, 
自作の音楽ファイル 『夜間飛行』 (youtube でお聴きください^^)
にちなんで
こちらも同じタイトルにしました.

特に 短歌的 には意味はありません^^;
この後作るかもしれませんが・・



今年も頑張ります!

それなりに^^

よろしくお願いします!




---




以下は, 忘れるといけないので自分覚えを記載

■ タイトル編集などはブログ設定の基本設定で. 別サイト案内 なども.
■ 画像の置き場はヤプログのカテゴリ写真のタイトル画像(2006年)
■ 画像の置き換えはこちらのcss編集
■ 画像を自分で作るのでタイトル文字は * で^^

お知らせ comments(0) -
10ヶ月のブランク!

天真爛漫



2009年使用画像

すごい事になってしまっていた//

この短歌サイト

2009年用 に作ったのは良いが・・

さて 年は既に 2010年 になっています.
 
疎かにしていた分を, しっかり埋めて 来年,



今年の短歌サイト デザインを一新 します!



この投稿で2009年分は終了なので画像をトップに残します.



--- 2009年後半まとめ ---



来る年を 

迎え支度の十三夜

何故に哀しき 乾
(いぬい)寒空


 


「妥協」 という言葉に換えて 
 
立ち去ろう 

何時
(いつ)か未練で  戻り来るまで
 




雨の夜 

迷う女の摩
(す)るものは さらさら大根
 
粘々
(ねばねば)とろろ
 



傘差して 
 
行く人皆が盗み人

疑い心 恥じて目を伏す





地下深し 
 
隣は何処のマスク美人
 
名古屋大学 地下鉄を待つ
 

---
 

さて・・

最近は何処へ行くのも このスタイル!

きっと あると思います!
 出会うと思います!

マスク美人!^^
masukubijin





















どこですか?


マスク美人(笑

---



この声を 

変と言う カナ うわさ カナ 
 
練馬育ちの 蜩
(ひぐらし) たぁ(とは)

 

---
 


(七夕三首)


七夕に 

(よ)ぎる男の声などは

  さらり サラサラ 流してしまえ
 


 

七夕に
 
繋(かか)る思いを抱きつつ

  既に三年未練三年




七夕に 
 
嬉し哀しを持つおんな

  歌詠み忘れ 調
(しらべ)に走る


 



ということで

初夏からすっかり短歌から 作曲 ♪ に走ってしまいました♪




 
まとめ終了^^

久々に投稿したので勝手が・・undefined

 
短歌 comments(0) -
雨夜の恋人たち



生足を

 

濡らして歩く 少女には

歩幅そろえる 少年の足






五月雨よ

あと少しだけ 止まないで

手と手と心 寄り添い行けば



 




五月雨よ

この夜ひと夜を 降りつづけ

手と手と呼吸 重ねてねむる



 



傘一本

相合此処は 異空間

湯気立つような 灼熱の雨

 

 

 

 

undefined

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天真爛漫 comments(0) -
出会いのまか不思議

 

 

同人誌「かざぐるま」に寄せた短歌に導かれ?
 


図らずも 


噂をすれば 君子蘭

 
目と鼻先の 早春に在り

 

 


 


鼻先は・・  花咲き^-^
目と鼻先・・ 実距離的にも時季的にもね!


詳しい背景は ⇒ 参考  

ま・・
何ですね〜
天真爛漫という短歌集に
蘭の写真が増えて・・

まさに春爛漫^^
尤も, この君子蘭は蘭の仲間ではないらしい.

彼岸花(ひがんばな)科。                 
・学名  Clivia miniata
   

参考サイト 季節の花 300 さま















素材提供: アトリエ夏夢色

短歌 comments(0) -
瞳に鮮やかに

 


友よ今


脳裏から消せ "鬱" の文字


即座に消して 微笑み交わせ

 



 

 

よく見られる友達からのメール内に・・
この時季ならではという事もあるにはあるが.
鬱は厄介・・
鬱に反して躁がある.
鬱と躁との間に立って, 友はともすると凹んだり.

 

 

 

 


如月の

 

 花は高嶺の花なれど


震える心 隠してチョコを
 

 




今年流行した【逆チョコ】
本当に逆チョコをした男性がどれくらい
いたのだろうか?
少なくとも私のところには来なかった..;

 

 

 



如月は


ピンクに迷う スィートピー 胡蝶ランラン

 

何れもよろし

 

 

 




花屋さんの棚がにぎやかです!
蛍光灯ではなくて
電球の元ではピンク系の花の色は
一層美しくその色は鮮やかに見えます.

 

 

 



***

 

 

 



今このサイトの蘭も美しく咲いています.
って・・
もう何年も前の撮影・・
 
@ 名古屋ランの館

 

 

 

 

 

花

 

天真爛漫 comments(0) -
imeem

CLASIC -


短歌サイトですが・・

音楽大好き人の私には,
このような休憩が必要 ^^;


***

※ my oboe 
     HTML記事 は, 初めにモードの切り替えをしてから
      Click here to embed thid song  (サイト右) 
   ( プレイヤーの色替え可能 )
音楽(休憩 ^^) comments(0) trackbacks(0)
かけがえの無いもの

 

妹よ 教え子よ




妹の

 

顔の向こうに母を見る


戻らぬ時よ 今また行きぬ
 

 


***

 



幼い日・・

雨の日風の日, ふたりでピアノレッスンに通ったこと・・
いつも私達を, 優しく見送ってくれていた母

 


甲子園野球選手に憧れて, 手紙を出したこと・・
寮に電話して話したこと・・
ドキドキ, スリル満点だった.

母には内緒


喧嘩した日もあったけれど

今,

そのかけがえの無い命の尊さ, 大きさに気づく.

母によく似た妹よ

私より絆が深いように思える妹を
ちょっぴり羨ましくも思う.

 


そんな妹よ
 


いつの間にそんなにも頼もしくなったのか・・
故郷の母と共に健やかなれ.

 

ハート

 

 



きょうは教え子とも, 沢山, 楽しい mail 交換ができた.

 

 



初春や

教え子離れできずとも


いいんじゃないと諭されるなり





参ったな
子離れとかはよく言うけれど・・
教え子離れはできなくても良い
と言われてしまった.

 

 


新年早々
春の七草がスーパーに並ぶ頃

 


教え子もまた, いつの間に・・
こんなに逞しい大人になったのか・・

 


え?

先生離れ出来ない教え子だって ^^


 


不況の中
必死に未来を, 明日を見つめて生きている姿は,
かつて可愛い少年だった子とは思えない・・


事もない^^



また会っておしゃべりしましょう.

 

 

 

 

 

ちゅん
 

 

 

 

 

天真爛漫 comments(0) trackbacks(0)
気侭短歌

 2009年



スタートしました!
まったく時の移ろいはなんて早いもの・・




ワカッテル 

気侭過ぎても困りもの 

そんな自分が好き誰に似て




そりゃぁ・・ 
蛙の子は蛙っていうくらいだから
親の遺伝子貰って・・


あのね

「ワカッテル・・ 」
って言いながら

実は解ってないのも親に似たから.

都合のよい 御託 を並べてる..;
今年も気侭に行きます, 生きましょう.


***


今年の歌集のタイトルは・・
まだ考えてないです.

思いつかないのです.
取り敢えず,

『天真爛漫』

とでもしておきましょうか・・
きょうの歌は,
そんなタイトルには相応しいのかな ^^?

ちょっと違う.

天真爛漫の意味は・・

自然のままで飾り気がなく, 偽りのないさま.
ありのままの真情が言動に現われること.

とても難しいですね^^

現われ過ぎても危険とは思うけれど・・ 

天真爛漫 comments(0) trackbacks(0)
一年(2008年)晦日短歌^^

振りかえってみたり・・ 
ニ十首

 



わが髪にきらり積もりし雪の日を
思ひ出す夜また

冬の来しかな




髪についた雪が美しくて, 自分を被写体にした日の事,
今年の初め・・
あれから10ヶ月, また今年の冬が来た.

 




両手首握りて脈を診る医師の
温もりが

妙薬となる




夏場・・
体調が悪くて医師の世話になり,
かかりつけの医師の温かさに触れた.
親身になってくれる医師の少ない中,
素晴らしい先生に診てもらえる幸せ.

 




整復士

わが眼をじっと見つめれば

治療に行けぬ理由となりぬ




こちらは・・
腰痛で通った整形外科での事.
リハビリ室には若手の療法士さん,
整復士さんが多い.
名前を覚えてくれ, 呼んでくれ・・
そして雑談まで.
じっと目を見つめて話されて,
うれし恥ずかし ^^; 

 




知恵あるも人の心は何処にある

語ろうとせず

笑おうとせず




まぁ・・
世の中には色々な人がいるもので・・
高学歴の人が必ずしも・・
ま・・ 
それ以上は, 私も語らずにおきましょう ^^ 





好まぬも初めて会うたその男

子どものやうに
眼(まなこ)合はさず



人の出会いは不思議〜
どこでどのような人に会う事になるかは
神のみぞ知る?




つらつらと歌詠み耽り夜を明し

外衣を羽織り

欠伸(あくび)を三つ




ついついこうした体に悪いこと・・
してしまうのです.
いくら短歌が好きといっても・・
程々にしないといけませんね.






髪濯(そそ)ぎ念に化粧し装ひて

短歌に酔うて

誰に和うや




何の為に, 誰の為に・・
私は私の好きな事によく集中します.
(高校時代の性格検査的中^^;)
その私に和んでつきあってくれる人が,
いれば・・
しあわせ.

 




嵐の夜「死とは何ぞや」おさな子は

母と別れて

逝くこと 涙




涙流して,布団を被りて眠る・・
私が初めて死を考えた夜.

自分の死 = 母に会えなくなること

そう答えを出した後,その悲しさに,
「二度と考えるのはよそう!」と思った,
雨戸がかたかた鳴って,恐い恐い夜でした.

幼い幼い私の, 遠い日の記憶が
ふと蘇りました.
それは命の尊さをしみじみ知ったから.

 

 



校舎から校舎に向かひ手を振れば

笑みの返り手

少女になりぬ

 



校舎3階から,中庭を隔てて,
校舎2階にいた事務の女性に,
手を振りました.
その仕草が少女のよう^^? だと・・
後々言葉に書いてくれました.

私が教師として, 中学に勤務してた頃のこと.

 




どれほどに言葉遊びを尽しても

戯れ事など 
虚しきものなり




経験の深さ, 事の大きさ, 感動の強さ・・
そのような事が, やはり好い短歌を生むと
思います.

 




過去の恥きれいさっぱり雪(そそ)ぐのは
難しきこと

功徳しなさい




大小に限らず, 為してしまった事は完全には
消え去りはしません.
記憶の彼方に押しやっても, また完全に
忘れてしまっても・・
だから・・
功徳しないといけないと自分に言い聞かせます.

 




師走の夜歌詠み人になり易し

理由(わけ)は明日(みょうにち)

十五夜なれば



忙しい12月に,月などのんびり見てしまったから・・ 





巻き髪を鏡に映し
自惚れて

まだ見ぬ恋があるかと思ふ

 



盲目の恋に見える日を思ふ

この先二度と
無し有り無し?



無しの方が多い予想;
有り無し有り
に替えようか(笑

恋の虚しさ, 悲しさを知った上で
まだこんな事思う私・・
運命の人はいるのでしょうか?
本当に紅糸の人はいるのでしょうか?





深く見ず深く語らず

知る事の恐さ覚えて

『臆病』 となる

 



臆という病

臆って何だろう?
臆する・・ おどおど?
月の意はおどおど?
月見る心がおどおど?

ネット調べ(まぐまぐ)
【 臆 】

 音読:オク
 訓読:おしはか・る,おく・する

意味 1.おしはかる
    2.おくする,おじける
    3.むね,胸の内

胸の内を,あまり推し量っては病気になる,
推し量り過ぎるとなる病かな^^

憶とも同じ意味らしい・・
こちらには,安んじる,思う,思い出す,おぼえるの意味あり
そうよね.
記憶の憶だから.





「大学の先生ですか」 聞かれたり

機嫌よろしく

熊 (paddington) と帰りぬ





2日間も英国フェアに出かけ,
同じ人と 意気投合 話し込んだ.

「新商品には何があったら良いですか?」
とも尋ねられ,

「鞄が良いですね〜」
と, 答えました.

熊のぬいぐるみなどを買い,
今年はすっかり Paddington に嵌りました.





目に見えて人の表は棘ばかり

海豚(いるか)のような
人になりたし




つるっとして, キュウキュウ鳴くような
可愛いイルカ.

 




明け方は背中がスースー

啄木に罵(ののし)られたり

日本の女




ふがひなき
わが日の本の女等を
秋雨の夜(よ)にののしりしかな(啄木)






髪細り色の褪せたる爪悲し

女のいのち

サプリが救う




スタイルばかりを気にすると,女性は大事なもの
栄養素を失う事に・・
亜鉛と鉄とカルシウム・・ +恋^^? 





わが歌を本にしたいと願ふこと

無きことも無い

どうしたものかな




塵を増やす元なりか..



かつて尊敬する恩師に,

「先生が何かご本を出されたら, 凄く嬉しいです.読みたいです!」

と言ったら,
笑って答えられました.

「塵を増やすだけ..」



絶対そんな事は無いのに・・
学びたい事はいっぱいあるのに・・
と私は思いました.

その後
その先生は 『勲章』 を戴いたようです.

どんな勲章なのかは存じませんが・・
まさか
塵にはなさってないでしょうね.






一年後半, また昔昔までも振り返りました.
2008年, 晦日です.
 


 

同人思春 comments(0) trackbacks(0)
| 1/4 | >>