■ kimama 短歌集
  2008 「同人思春」
  2009 「天真爛漫」

■ それ以前の短歌 ↓ 2005 2006 2007
* My website YEARN
 
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
霜月短歌

2008年11月29日(土)




短歌 その後に 一行 更に 一言 



***



触発と 

頑固なまでの囚われと 

葛藤しつつ取り敢えず打つ




打つのはキーボード

短歌&記事



***



「宵の」とか 「明けの」とか言う 

煌きの 

君の名前を恥じ持て知る夜




恥じ持て ≒ 初めて

君 = 金星



***



人の価値 

次々何かくれる人奪う人 


それ見極め基準




物であれ,言葉であれ,愛であれ,命であれ・・

くれ^^!(下さいね!の意)



***



あげようとしてもいつでもシャットダウン 

呆れかえって ・・・・ ・・・



我の強い人,勇気の無い人,学ばない人,心を汲み取れない人,お○○な人・・

・・・・ ・・・ って何 ^^?



***



物理学する人は能く音を聴く 

音聴く人は 

能く短歌(うた)を詠む




詠むからといって何!
だからといって,物理ができるわけでもない.
できないからといってなにか〜

天邪鬼



***



フランスの女性学者に誉められて 

語学ができず 

首を竦(すく)める




「エレガント!」
と言ってくれたんだっけ? 聴き取りさえもあやふや..;

せめて Thank you, Merci と言え



***



指定券 

乗車券まで置き忘れ 

どうして改札出られようか 




それが出られた ^^;

ひとりで出られたと思うな



***



旅の空 

フード被ってにっこりと 

小雨の中を足早に行く




ごそごそ アンブレラ 出して差したのは,誰?

私だ



***



雨水に 

濡れて木の葉は貼りついて 

「キャリーバッグに乗ってく」 と言う




きょうの アリバイ は木の葉が証明します.

某大学の葉っぱ







「感動も夢も短歌も・・ 人がくれる,求めているからだろう.」

同人思春 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ulalah.jugem.jp/trackback/29
<< NEW | TOP | OLD>>